【カメラ技術】SONYα7ⅲの高感度がどこまで使えるか試してみた!

【カメラ技術】SONYα7ⅲの高感度がどこまで使えるか試してみた!

どうも管理人のmame mameです!

前職は、ウェディングカメラマンとして会社に7年勤めていました。現在、会社をやめてフリーフォトグラファーをしております。

安定のざっくりとした自己紹介ですみません笑

さて先日、SONYα7ⅲの購入記事を書きました。

SONYα7ⅲって高感度が強いしノイズ出にくいし最高ー!

って記事の中で、書いてたんですが、もしかすると
私の記事を読んだ方でカメラ初心者の方もいるかもしれませんし

そのため今回、下記4つの点に関して疑問を感じる方もいるかもしれないと思って、記事を書く事にしました!

  1. SONYα7ⅲって本当に高感度強いの?
  2. プロから見て、写真としてどこまでISOあげれるのか?
  3. そもそもノイズってなんぞや?
  4. ディテールリプロダクション技術とエリア分割ノイズリダクションってなに?

SONYα7ⅲって本当に高感度強いの?

結論とすれば、やはり高感度ノイズに強くておすすめできるカメラはSONYα7ⅲでした!

先日、キングコング西野亮廣さんのチックタック展に行ってきました。兵庫県川西市の満願寺で開催されています!

光る絵本の展覧会で、夜に行くのをおすすめ
する幻想的な展覧会でした。

えんとつ町のプペルも飾られていました!

こんな素敵な展覧会、しかも写真がOKであればいいカメラで撮影がしたい!

でも意外と夜景ってスマホでも撮りにくいんだよなぁ・・

でもそんな時でも、SONYα7ⅲがあれば大丈夫です!!

ちなみに、レンズスペックはあえてのキットレンズにしてみました。

18-35mm f4.0〜5.6

(明るい開放レンズだと比較にならないためにキットレンズにしました。)

しかも、開放レンズなし!ストロボなし!!三脚なし!!!

手持ちでの夜景撮影で、カメラスペック環境わるい笑

どこまで撮影ができるのでしょうか。

なにはともあれ、言葉にするより実際の写真を見ていきましょう!

プロから見て、写真としてどこまでISOあげれるのか?

写真作例は、こちらになります。

あえて高感度を色々変えての撮影です。

ストロボなしで・・・ISO20000でもこの解像度・・・。大きく使わなければISO20000でもいけるかもです。

仕事で使うのであれば、ISO10000までくらいかも。十分すごいです!


そして 、SONYα7ⅲとスマホにて角度違いの同じシーンを撮影してたのがこちら!

SONYα7ⅲ 撮影
スマホ 撮影

これがSONYα7ⅲの実力なのです!!!

そもそもカメラにおけるノイズってなんぞや?

ここまで、つらつらとブログに『ノイズ』って書いてきたんですがそもそも論を書いていなかったので書くことにします。

普通のノイズと言えば、下記意味になります。

ノイズ【noise】
1 耳障りな音。騒音。雑音。特に、電話・ステレオ・テレビ・ラジオなどの電気的雑音

引用:goo辞書より

それでは、写真におけるノイズとは?
高感度で撮影して、アップにすると写真のドットが大きくガサガサになっていませんか?荒いイメージです。

夜景をスマホを使って撮影をすると暗くてなんだかガサついてますよね。

ちなみに、これがノイズがある状態です↓

ノイズ有りのスマホ撮影

ある程度ソフトを使えば、ノイズは補正できます!

しかし、普通では補正ソフトもないですし、そこまでしないですよね。
だったらノイズの強いカメラで撮りたい!

SONYα7ⅲが高感度に強い理由はここにあった!

常用ISO100-51200、拡張ISO50-204800(*1)
常用ISO感度最高ISO51200を達成。さらに全感度域で解像感とノイズ低減を両立し、α7 II比で最大1.5段分(*2)の画質向上を実現しました。進化したディテールリプロダクション技術とエリア分割ノイズリダクションにより、被写体の持つ質感やシャドー部のディテールを損なうことなく描写。使用頻度の高い中高感度域で、高いノイズ低減効果を発揮します。

引用:SONYホームページ

読んでも…つまりどういう事??

ISOが高感度に上げてもすごいって事は
わかったですが

ディテールリプロダクション技術とエリア分割ノイズリダクションってなに??

理解力の薄い私は、分からず・・・

カメラに詳しい、プロカメラマンに聞きました。 (ちなみにはじめに、調べてわからなかったため、SONYサポートにも聞きましたが、分かりやすい解答はありませんでした。)

mamemameがプロとしてどうなん?は一旦置いといて、、すみません涙

ディテールリプロダクション技術とエリア分割ノイズリダクションとは?

上記で、わからなかったディテールリプロダクション技術エリア分割ノイズリダクション

エリア分割ノイズリダクションとは、写真を撮ったときにカメラが自動で撮った写真の暗くなっているところにノイズが出た物とかを、ノイズが出た部分のみノイズを取り除いてくれると言う技術です。

なおかつノイズリダクションをすると普通はディティール(輪郭)がくっきりしなくなりますが、それはディテールリプロダクション技術できれいな輪郭を残したままにカメラが自動でやってくれるのが特徴です。

上部でノイズは補正できるって書きましたが、補正すると普通は滑らかになって、締まりがないくっきりしない写真なるんです。

それを自動でカメラがノイズをとって、輪郭をくっきりさせてくれます。と言う事は、素画の写真が、解像度の高い写真に上がります。

この2つの技術があるためSONYα7ⅲは高感度でもきれいなのです!

令和の新基準 α7ⅲ まとめ

ノイズが出にくいカメラSONYα7ⅲですが、大切なのはその場所に合わせた適正露光です。その上で、高感度を使うと、スペックがより生きます。

高感度でもきれいに撮影ができるんだったら
スナップ撮影でストロボを使わないという事は、荷物の軽量化に繋がりますね。(夜景の人物撮影は、あった方がいいかもですが!)

よくプロカメラマンが旅に持っていくのが
SONYα7ⅲなのですが(容量やスペックのバランスがいいため)持っていく理由がわかります。

高感度が使えてきれいなSONYα7ⅲ
一方では、今までのカメラより普通にシャッターを押して撮るだけできれいな写真になるカメラなので、誰でもカメラマンになれる恐ろしいカメラSONYα7ⅲ・・・涙

プロとしては、何を表現したか?がより一層求めらてくると思います。

その一方でカメラは、目で見て触って体感的にいい!と思えるカメラでないと楽しくないですし、趣味として続けていくのも難しいと思います。

その点、体感的に楽しめるカメラSONYα7ⅲは魅力的です。

ミラーレスの新基準を作り続けているSONY

カメラ購入悩んでいるのであれば、おすすめしたい名機SONYα7ⅲです。

ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ズームレンズキット FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS ILCE-7M3K

これから夏でレジャーやキャンプに出かけたり、秋には運動会があったりなど、なにかと思い出を残して行きたいイベントが盛り沢山なので、この機会にいかがでしょうか。

SONYα7ⅲで楽しい写真ライフを過ごしましょう。

カメラカテゴリの最新記事