MENU

【Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0レビュー】キャリー付きカメラバックで重い機材も楽々!

2020 4/29
【Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0レビュー】キャリー付きカメラバックで重い機材も楽々!

こんにちは、フォトグラファー のマメラボです!

マメラボのアイコン画像マメラボ

ついに・・ついに!
念願だったキャリー付きのカメラバッグを購入致しました~!

私は、撮影でよくロケに行く事があり、機材が重すぎて、持ち運ぶのに腰が痛くなってきたので
急遽キャリー付きのカメラバッグを購入する事にしました!!

Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0はこんな方におすすめ
・持ち出す機材が常に多い方
・体への負担をなくしたい方

マメラボのアイコン画像マメラボ

基本、買ってよかったと思ったので、レビューをしたいと思います!

目次

キャリー付きのカメラバッグの王者 Think Tank Photo

おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!
マメラボのアイコン画像マメラボ

プロ御用達でキャリーカメラバッグが有名なThink Tank Photo
気になるのは、ブランドストーリーですよね。

マメラボのアイコン画像マメラボ

下記記事を読んだら、ブランドストーリーがよく分かって
Think Tank Photoを好きになります 笑

デジタルウォッチさん取材:Think Tank Photoの記事
徹底したプロ仕様を貫く「Think Tank」カメラバッグ(前編)
徹底したプロ仕様を貫く「Think Tank」カメラバッグ(後編)

シンクタンクフォトのどの種類のカメラバックを買えばいいか悩む!

マメラボのアイコン画像マメラボ

シンクタンクフォトのカメラバックは、機能や予算によって種類が選べて悩みます 笑 マメラボは3つの商品で悩みました!

コスパがよい!エアポートアドバンテージ

私は元々シンクタンクフォトのエアポートアドバンテージを買おうとしてたんですね。

マメラボのアイコン画像マメラボ

予算も3万円位だったので、めちゃ買いやすいんですよね!

しかし実際、ヨドバシカメラ  で見せて貰った所、私には容量が少ない感じを受けました。

ただ、キャリーの動かしやすさや、持ち手のしっかりした感じはよかったです。

容量が多くセキュリティが万全なエアポートインターナショナルV3.0

エアポートアドバンテージが容量が少ないため、少し容量が大きいタイプとなると
シンクタンクフォトのエアポートインターナショナルV3.0を考えました!

こちらもキャリーも動かしやすいですし、丈夫な感じなのでカメラを入れて運ぶのに安心です。

決め手はリュック!エアポートテイクオフV2.0

結局、店員さんの一言でエアポートテイクオフV2.0を買う事にしました!

店員さんのアイコン画像店員さん

エアポートテイクオフV2.0だと、リュックにもなりますよー。

マメラボのアイコン画像マメラボ

背負ってみるとあれ?!
リュックも背中の感じがgoodではないですか。。

階段とか段差のある時は、キャリーからリュックにした方が便利なのと、鍵付きでセキュリティが安心な所が購入の決め手でした!

マメラボのアイコン画像マメラボ

結局、かなり予算オーバーです涙

Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0の外観と中身をレビュー

スタイリッシュな見た目の外観です。

おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!

バッグの後ろはこんな感じ

おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!

チャック部分を開けるとリュックの背負う紐が出来てきます。

チャックで蓋を閉じていた部分は、バッグの底にマジックテープがありまして、そこに貼り付けるとリュックになります。

おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!
おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!

マジックテープにつけてみると、こんな感じになります。

おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!

リュックの全体像になります。

おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!

リュックとして背中で背負ってみても、ホールド感があります!

おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!

リュックの次に決め手になったのが鍵付きだったことになります。サイドの持ち手の付近に鍵入れがあります。

おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!
おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!

鍵マークが付いているポケットです。そちらを開けてみると鍵が出てきます。

おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!
おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0の鍵

鍵の設定は、はじめ『000』になっていました。

鍵の設定をリセットするには、公式サイトの情報をご確認下さいませ。
各種ロックの設定方法に関して

おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0の鍵

鍵をチャックの穴に通す事で鍵がかかります。

おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0の鍵

そしてお次は、前のポケットです。前のポケットを開けると・・・

おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!

またポケットがありました。

おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!

iPadやノートパソコンも入れる事ができます。

おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!
おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!

はじめチャックに付いている青い紐が嫌でしたが、暗いところでもチャックがどこにあるかみつけやすいです。

おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!

中身はというと、仕切りがたくさんついています。

おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!

これは、取り外しができるため、自分が持っていきたい機材に合わせて作れるのが嬉しいポイントです!

おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!

下記のようにレンズとカメラボディがはまるような真ん中がくぼんでいる仕切りもあります。
そこにカメラボディとかを挟んでみると動かないのでGOODでした!

おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!

単焦点レンズをたくさん持っているカメラマンでも使えるように、仕切りの数を増やしたそうですよ~!

中には、三脚の取付カバーと、雨避けカバーが入ってました。

おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!
三脚カバー

三脚取付カバーは、こんな感じで3つパーツがあります。

キャリーバッグの片側に、つけれます。

おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!
おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!

こんな感じで付けてみました!

おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!

そして次は、雨カバーです。青い袋をあけていると雨カバーがくっついています。

おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!

袋がなくならないので、便利です。

おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!

そして、雨カバーに穴が空いているので

それに合わせてカバーをかけていきます。

おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!
おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!

袋が付いている部分が裏面でした。

おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!

雨よけカバーをつけたらこんな感じです。

おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!

雨の時に使った感じがこんな感じでした。撥水性高いです!

シンクタンクフォトのエアポートテイクオフV2.0に、実際の機材を入れてみた!

実際に、カメラ機材を入れてみました。

こちらの機材をカメラバックに入れてみました!
・カメラボディSONYα7Ⅲ
・70-200mmの望遠レンズ
・24-70mmの標準レンズ
・16-35mmの広角レンズ
・80mmの単焦点レンズ
・スピードライト
・LEDライト

おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!
マメラボのアイコン画像マメラボ

これだけ入れても余裕があります!
またバッグ内を埋めるためレンズが欲しくなってきました笑

Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0のメリットとデメリット

マメラボのアイコン画像マメラボ

実際、マメラボが使ってみて感じたメリットとデメリットはこちらになります♪

シンクタンクフォトのエアポートテイクオフV2.0のメリット

  • 体に負担がかからない
  • 移動が楽で運びやすい
  • 仕切りが多いので自分仕様にできる
  • 荷物が多い時にリュックとして使える
  • 砂利道などキャリーが使いにくい所でリュックで使える
  • ローラーが壊れたら銀一(国内はこちらのみ対応)で修理ができる
おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!

シンクタンクフォトのエアポートテイクオフV2.0のデメリット

  • ローラーが2個だけなので、普段の旅行用キャリーケースを使っている人はローラーが4つのタイプの方が使いやすい
  • 雨避けカバーの取付がめんどくさい
  • カバンのサイドにある厚み(画像の赤丸)があるため少し物が入れにくい
  • カメラバッグが若干重い
おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!

Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0のまとめ

マメラボのアイコン画像マメラボ

実際に撮影に持って行って使ってるのですが、やはり身体への負担が大分変わりました!

マメラボのアイコン画像マメラボ

次の日に、肩や腰が痛くなっていないので、もっと早く買っておけばよかったなぁと思っています。

マメラボのアイコン画像マメラボ

女性カメラマンにもおすすめです!!

あと神社仏閣の撮影の際に、神社仏閣は階段が多かったり、砂利道などが多いのでそんな時にリュックにできるのは、かなり便利でした!

おすすめカメラキャリーバッグ Think Tank PhotoのAirport Takeoff V2.0を購入レビュー!
マメラボのアイコン画像マメラボ

Think Tank Photoのキャリー型のカメラバッグは、種類がたくさんあるので使用用途に合わせて自分好みの物を選んでみて下さい。

この記事を書いた人

マメラボのアバター マメラボ フォトグラファー・ブロガー・プチスマーティスト

関西在住、アラサー女性です。
ボロアパートの2階建てに、2人暮らし中。
どうやったら快適に暮らせるのかを模索しながら
暮らしの最適化(プチスマート)を目指しています。
家電・カメラ・キッチン用品・料理が好きです♪
自分が好きな情報を発信し、皆様の暮らしに少しでもお役にたてれば幸いです!

コメント

コメントする

目次
閉じる