雨のスナップ撮影で気をつけること

雨のスナップ撮影で気をつけること

こんにちは!フリーフォトグラファーのmama mameと申します。

最近、梅雨入りして雨ばかり降っていますが、皆さまいかがおすごしでしょうか。

今回は、私が7年間写真館に勤めながらウェディングフォトで雨のスナップ撮影をしていた時に、気をつけていたことを書きたいと思います。

なぜ雨のスナップ撮影のことを書こうと思ったかと言うと、

雨撮影のブログを読んでいて『風景』や『人物ポートレート』のブログしかなかったためになります。

こんな方の参考になればと思います!

・これからウェディング撮影をしていく方
・動く被写体を雨の中で撮影をしていかなければならない方
・雨の中でスナップ撮影をしたい方

まずは、雨撮影に必要なモノ・コトを書いてい参ります。(あくまでmame mameの個人的見解となります。ご了承下さいませ。)

雨の撮影で気をつけること【ウェディングスナップ】

雨のスナップ撮影で気をつけること3点

雨のスナップ撮影で当たり前な事ですが、気をつけているを3点書きます!

①カメラを持つ時に必ずレンズを下にむけておく

撮影をする前のカメラを持っている段階で、不必要に上を向けて持つのは気をつけた方がいいです。

雨の水滴がレンズにつく可能性があるためです。

そのために撮影前の待機の状態では、レンズを下に向けて持っていました。雨撮影では、特に意識した方がいいですね。

こんな感じで下に向けておきましょう。

②気温差でレンズが曇ることを意識

雨の撮影の場合、野外から室内へ入ったなど、気温差でレンズが曇ります。

室内から野外へ出た場合でも、同じです。そのため、被写体よりも先回りして少し待って曇りを自然に取るようにしていました。

一応曇りが早く取れるように、レンズの布でレンズを拭きます。

すぐに撮らないといけない状況の場合

前もって1台カメラを移動する先におかして貰っておいて、移動した後に置いていたカメラで撮影をしていました。

③雨の撮影に備えてしっかり準備

雨の撮影では、雨ならではの必要な物があります。

そのため日頃から、雨グッズを考えて用意をしておく事が肝になります。

私的に、これは持っておいた方が便利!と感じた雨撮影で必要な物を後半に書いておりますのでご参考下さいませ。

以上の3点は、基本ですが撮影ミスの確立をさげると思います。すべては、雨のスナップ撮影現場のから学んだ意識する点でした。

雨のスナップ撮影で意識すること

雨のスナップ撮影で必要な物とは??

私は、雨のスナップ撮影の場合大体、雨の場合下記を持ち込んでいました。

・大きいビニール傘
・レンズフード
・タオル2〜3枚
・レンズをふく布orレンズペン
・ビニール袋

えっ、普通じゃない?って思いませんでしたか??普通でいいんです。

その理由を書いていきたいと思います。

雨のウェディングスナップ撮影で必要な物とは??

大きなビニール傘の理由

私は、雨がっぱより大きなビニール傘を雨スナップ撮影で利用をしています。

ウェディングフォトのスナップ撮影の場合、雨でスナップを撮影する時は、 mamemame は神社仏閣での撮影が多かったのですが。。

一度雨がっぱで撮影をした際に、脱ぎ着が大変なのと、神社仏閣に雨がっぱをビニール袋に入れて保管しておくのは気を使い大変でした。

人物ポートレートの場合だと、人間は防水だからと言うことで、傘も持たずに撮影するカメラマンもいます。

傘を使わずに撮影をすると、ご婚礼のお客様が気をつかわれるのと、雨で濡れているスタッフが、婚礼会場にいたら目立ちますよね。

雨でも濡れずに撮影をしましょう。そのために大きいビニール傘を肩に載せて、撮影の時に使っていました。

雨が横なぶりできつい時も、傘の角度を使ってカメラが濡れないようにしていました。意外と濡れません。

私だけかなと考えていたら、他のビデオカメラマンやウェディングフォトグラファーもこんな感じで使用している人が多かったです。

動かない被写体とかだったら、雨がっぱでも全然大丈夫だと思います!

これも必ず、必ず入ります!

カメラのレンズフードの理由

昔レンズフードを付けずに、雨撮影に行った時に死にました。

必ずレンズフードがあるレンズを持っていきましょう。

タオル2〜3枚の理由

雨のスナップ撮影が終わった際に、カメラやレンズ、自分を拭くために使います。

レンズをふく布orレンズペンの理由

これも、絶対いります!

傘でガードをしていてもレンズに水滴につくことがあるからです。

一般の方で、レンズ専用の布がない場合は、メガネ拭きを使うといいと思います。

レンズが濡れた場合、タオルで優しく水滴をとりそこからレンズフィルター面を拭いたりしていました。

私は、レンズペンが汚れがしっかりとれるので、タオルで水滴を軽く抑えてレンズペンで拭ききっている時もありました。

レンズペンは、雨の時じゃなくてもあったら便利なので、1本は持っておいた方がいいと思います。

mame mameは、カメラバッグにいつも忍ばせています。

ビニール袋の理由

濡れたタオル入れる時や、急遽オフストロボライティングの撮影をしてほしいと言われた時用に、取っての付いた白いビニール袋と透明のビニール袋どちらももっていきます。

取っ手の袋は、タオルを入れて透明なビニールはライティングの時など使っていました。

以上が持って行く物とその理由となりました!

雨の準備をしないと大変!失敗例3点

今回、ブログに書いた事は私が実際雨のスナップ撮影をしている時に、学習したことを書きました。

他にもこんな失敗経験もあるので、注意換気の意味もこめてかいていきます。

雨のスナップ撮影で失敗したこと

雨粒がゴミに見えてクレーム

カメラにストロボをつけて撮影した時にストロボの向きをストレートに当てていたのですが。。

土砂降りの中でストロボ直当てだったので、雨粒がゴミの様に見えたとのことで、お客様よりクレームを頂いた事があります。

そちらは、修正を行いご納得をいただきました。

ストロボ光の当て方が良くなかったと思います。 

状況にもよりますが、むしろISOをかなりあげてシャッタースピードを早くして撮影をした方がストロボを使わず、スナップ撮影としては、自然だったかなぁと考えます。

雨合羽をきて、撮影をしていたけれど横なぶりの雨でレンズが濡れる

mame mameも新人の頃、雨がっぱをきて撮影していたのですが、雨が土砂降りかつ横殴りでレンズフードより入ってきました。

傘がなかったため、軒下に避難をするしかなく傘は、絶対いると確信したできごとでした。

カメラ専用のビニールを付けたが、レンズ交換が大変

これも新人の頃ですが、カメラ専用のビニールを付けて雨のスナップ撮影に挑んだ際に、レンズ交換をする時に手間取りました。

レンズ交換をしないようにカメラシステムを組んだらよかったのですが、、新人だったのでそこまで考えが及んでいませんでした。

1つの動かない被写体を撮影する時には、カメラ専用のビニールは有効だと思います!

雨のスナップ撮影で気をつけることまとめ

ここまで、記事を書いてきて結構、失敗をしていますね。。

プロとして、お恥ずかしいのですが、私は上記内容の事を会社の上司や先輩から教えて貰った事はありませんでした。

なぜかと言うと、カメラマンの先輩と入る時にはすべて天気が晴れで、雨の撮影経験をすることがなかったのです。

私は、独り立ちをしてから様々な経験を重ね学びました。やはり、先輩と入る時に経験しておくべきだったと思います。

(ちなみにここまでの内容ですが、あくまで雨のスナップ撮影の事なので、オフライティングのポートレート撮影とは違いますのでご認識のほどお願い申し上げます。)

雨のスナップ撮影で注意することまとめ

私のようにならないよう、ブログ冒頭にも書きましたが、これから雨の中でスナップを撮影していきたい方の参考になれば幸いです。

雨の中でもかけがえのない瞬間を残していきましょう!

過去のカメラ記事は、こんな記事を書いています!よかったらご覧いただければ嬉しいです〜!!

年間300組以上撮影のプロが悩む 一眼レフのおすすめカメラ SONYα7ⅲとSONYα7Rⅲ 比較

【カメラ技術】SONYα7Ⅲの高感度がどこまで使えるか試してみた!

プロが教える!【カメラ技術】一眼レフカメラのしぼり設定

カメラカテゴリの最新記事