【口コミレビュー】評判通り!光に癒されるバルミューダのランタン BALMUDA The Lantern

仕事から帰ってきて、リラックスしたくなる時はありませんか?

私はお風呂上がりに、バルミューダ のランタンを焚きながら
お茶を飲んでリラックスするのが、毎日の日課です。

マメラボのアイコン画像マメラボ

バルミューダランタンは、疲れを簡単に癒してくれる
心強い相棒となっています笑

本日は、そんなバルミューダランタンの紹介です!

メリットやデメリットの要点だけ、知りたい方はこちらの動画をご覧くださいませ♪

目次

バルミューダランタンの色選びは、どうしたらいい?【黒・白・グレー(オンライン限定 新色)】

バルミューダランタン
マメラボのアイコン画像マメラボ

バルミューダランタンを購入しようか考えた時に、一番悩んだのが色選びでした。

私が実際バルミューダランタンを使ってみて、主観的な意見になりますが色選びのコツがわかったので書いて行きます。

バルミューダランタンの黒は、夜に溶け込む

バルミューダランタン

バルミューダランタンの黒は、夜に使う時に形が溶け込むので
純粋に光を楽しみたい人におすすめ
です。

我が家のバルミューダランタンの出番は、夜なのですが
結構部屋を暗めにしてつけています。

イメージで言うと、真っ暗な部屋にローソクを灯しているような感じです。

バルミューダランタン

そのため、形が見えずに夜に溶け込むタイプの黒を選びました。

あとバルミューダランタンを置くダイニングテーブルの色が濃い茶色だったのでそれに合わせて黒にしました。

バルミューダランタンの白は、昼間でもインテリアに馴染む

バルミューダランタンが白色だったら
※もしも、バルミューダランタンが白色だったらのイメージ画像を作成してみました

バルミューダランタンの白は、置く机が白っぽかったり、白木の場合、映えると思います!

あと昼間置いていても、インテリアに馴染む所がいいですよね。

バルミューダランタン
マメラボのアイコン画像マメラボ

黒は夜に溶け込むのがいいのですが、昼間は主張があります笑

昼間の主張が気になる方は、白がおすすめです。

バルミューダランタンの新色グレーは、公式オンライン限定

もしもバルミューダランタンがグレーだったら
※もしも、バルミューダランタンがグレーだったらのイメージ画像を作成してみました

元々、黒と白しかなかった所に新色のグレーが発売されていました。

黒と白の両方のいい所が、揃ったのがグレーです。
夜に適度に溶け込むし、昼間で白系のインテリアにも馴染みます。

我が家は、モノトーンでインテリアをコーディネートしているので
この色を知っていたらこちらを買ったかも知れません。

マメラボのアイコン画像マメラボ

現在、バルミューダの公式オンラインショップでしか新色のグレーは買えないので、アマゾンとかで買えたらいいのになぁと思っています!

バルミューダランタンの公式オンラインショップ:https://www.balmuda.com/jp/lantern/

バルミューダランタンのメリット【持ち運び・充電・明るさ】

・癒しをくれる
・ライトの調光ができる
・プロダクトデザインが美しい
・充電ができる
・コードレスのため持ち運びが便利
・IP54(生活防水)のためテーブルで安心して使える
・充電が切れても、モバイルバッテリーで給電できる

バルミューダランタンですが、シンプルな機能のため買ってメリットしかないです。

マメラボのアイコン画像マメラボ

我が家では、ダイニングテーブルや寝室に持っていって使っています。
コードレスのため持ち運びが便利です!!

ベッドサイドにバルミューダランタン
寝室で使う時にベッドサイドに置いています

ちなみにバルミューダランタン充電の持ち時間が、約3〜50時間持ちます。

1回の充電時間は、約6時間かかりますが
それ以降基本、夜にしか使わないので充電してから結構持ってくれています。

バルミューダランタンの調光をしている動画

読書を読みたい時は、読書灯の明るさにしたり
、寝室に置く時は暗くしたりなど部屋や気分によって調光をして明るさを変えています。

明るさを変えれるライトはありますが、色味やゆらぎモードがついているのは
バルミューダランタンだけです。

マメラボのアイコン画像マメラボ

私は、ゆらぎモードで灯してBarミュージックをかけながらハーブティーを飲んでテイスティな夜を味わっています笑

ダイニングテーブルに置いて使う時に、うっかりお茶をこぼしてしまった時や
お菓子を作っていて小麦粉がかかってしまった時などでも(そんな事はあるのか?我が家はあります笑)

IP54(生活防水)のため、ある程度水や防塵に供えているので安心です。

そして不意に、電源が落ちてしまった時は
モバイルバッテリーで給電しながら使っています。

バルミューダランタンを給電

充電口が、microUSB(マイクロユーエスビー)のためモバイルバッテリーはmicroUSB(マイクロユーエスビー)の線で給電ができます。

バルミューダランタンの充電口はmicroUSB(マイクロユーエスビー)
マメラボのアイコン画像マメラボ

野外など長い時間使う場合はモバイルバッテリーとmicroUSB(マイクロユーエスビー)を一緒に持っていく事をおすすめします♪

バルミューダランタンとモバイルバッテリー

バルミューダランタンのデメリットは?【価格・読書灯・充電バッテリー】

・ライトにしては値段が高い
・読書灯にするには、1灯だと少し使いにくい
・充電回数が約500回のため、後に充電式バッテリーが必要となる

バルミューダの製品の特徴として、買うまでがしんどい事が特徴です笑

やはりバルミューダの一番のネックと言えば、値段ですね。
これは、バルミューダランタン以外の製品にも言えます。

マメラボのアイコン画像マメラボ

ただ値段は、使用頻度を考えると後から買ってよかったに変わりました♪

バルミューダランタンの読書灯

あとは、読書灯でも使っているのですが
少し光が気になる感じがしました。(あくまでも主観な人による意見です。)

マメラボのアイコン画像マメラボ

読書灯にしては、部屋が暗すぎて光が足りないのかも?と思いました。

もう1灯バルミューダ ランタンのグレーを買って2灯で試してみたいと思っています!

バルミューダランタンの読書灯

あとは、バルミューダのランタンって実は充電部分が消耗品になります。

マメラボのアイコン画像マメラボ

充電回数が500回までと言うことを知って驚きました。

ただ我が家の場合、1日に使う時間が短いので、2年位は持つなぁとぼんやり思っています。
充電部分の値段は、以外と安くでよかったです。

これは、コードレスならばいつかは、来る宿命なので甘んじて受け入れます笑

マメラボのアイコン画像マメラボ

いやいやではなくて、毎日癒しを届けてくれいるバルミューダランタンだからこそ当たり前だなぁと思っています。

バルミューダランタンの充電部分が欲しい方は下記公式サイトをチェック下さい。https://store.balmuda.com/disp/CBlSfSelectGoodsPage.jsp?PRODUCT_SERIES=L02A-B100

バルミューダランタンのスペック

寸法  幅 110mm × 奥行 103mm × 高さ 248mm(ハンドル含む)
重量  約630g
素材   本体:ABS、シェード部:PC、ハンドル・フレーム:SUS
充電バッテリー Ni-MH充電バッテリー 3.6V/2000mAh(ニッケル水素電池)
バッテリー充電時間 約6時間
バッテリー充放電 約500回
連続使用時間 3〜50時間(最大照度〜最小照度)
防塵・防水性能 IP54(生活防水)
光源 暖色用:太陽光LED(色温度:1600K)/温白色用:白色LED(色温度:3000K)
動作温度 5〜35℃
パッケージ BALMUDA The Lantern本体、ACアダプター、電源ケーブル、取扱説明書(保証書含む)

バルミューダ公式サイトよりスペック情報を引用

【まとめ】バルミューダランタンは人生のひと時に寄り添う

マメラボのアイコン画像マメラボ

ここまで、バルミューダランタンの事を熱く語ってきましたが
相変わらず、私はバルミューダという会社の製品が好きです。

こちらのバルミューダ ランタンの製作ストーリーも素敵すぎて、商品を買ってよかったので、ぜひご覧ください。

https://www.balmuda.com/jp/pot/story

バルミューダランタン

毎日、一生懸命に生きていて疲れる事があります。

そんな時は、バルミューダランタンを、つけて心をリラックスさせてみるのはいかがでしょうか。

バルミューダランタン
マメラボのアイコン画像マメラボ

バルミューダランタンを付けながら、家族と今日あった事を話すのは、何気ない日常ですが心がほぐれますよ。

ある意味人生に寄り添ってくれる愛すべきプロダクトがバルミューダランタンでした笑
皆様、素敵な夜をお過ごし下さい。

この記事を書いた人

マメラボのアバター マメラボ フォトグラファー・ブロガー・プチスマーティスト

関西在住、アラサー女性です。
ボロアパートの2階建てに、2人暮らし中。
どうやったら快適に暮らせるのかを模索しながら
暮らしの最適化(プチスマート)を目指しています。
家電・カメラ・キッチン用品・料理が好きです♪
自分が好きな情報を発信し、皆様の暮らしに少しでもお役にたてれば幸いです!

コメント

コメントする

目次
閉じる