バルミューダ(BALMUDA)の電気ケトルを約1年半使用の口コミレビュー!

バルミューダ(BALMUDA)の電気ケトルを約1年半使用の口コミレビュー!

こんにちは!管理人のmame mameです。

私は、料理を作る事が好きで、キッチン雑貨を集めることが趣味となっています。

基本ブログでは、私が使っていてお気に入りの物を紹介しております。

今回は、約1年半位毎日つかって大好きなバルミューダ電気ケトルの本音レビューを書いていきたいと思います。

約1年半使ってよかった!バルミューダ(BALMUDA)電気ケトル

結論から書くと、バルミューダの電気ケトルを買って満足しています。

バルミューダを買ってよかった所

・デザインがよく生活感がない
・注ぎ口が細いためカップに注ぎやすい

バルミューダの電気ケトルと言えば、1番に言われるのが『デザイン』の良さだと思います。 

私のように、部屋に置く物はお値段に関係なく自分が気に入った物を飾りたい人に おすすめです。

バルミューダのデザインは家に普通に置いておいても、生活感がないため違和感なくインテリア空間に溶け込む所いい所ですよ!

そして機能面では、注ぎ口が細いためカップにお湯を入れる時も入れやすいです。

そういえば、テレビ番組の『マツコの知らない世界』にて
コーヒーの焙煎士として世界チャンピオンになった後藤直紀さんが、おうちコーヒーを入れる時に、注ぎ口が細いポットがおすすめと言う事でバルミューダの事を紹介していました。

バルミューダの電気ケトルを測定してみた!

実際に使ってみて、飲む容量と沸く時間とコンセントの長さを測定してみました!

飲む容量

水を満杯に入れる時は、必ず750mlにして下さい

850ml〜800mlだと、電気ケトルから吹きこぼれてしまいました。

カップ1杯がマグカップのサイズになります。約200〜250mlくらい

写真のマグカップ達では、750mlで約3杯分が飲める形になります。

1人〜3人分使用だと思います。

沸かす時間

約750mlで3回測ってみました。

3回目となると、電気ケトルが温かくなり

湧く時間が早かったです。

1回目: 3分55秒
2回目:3分28秒
3回目:3分13秒

結果から、約3〜4分かかると見ていただければと思います。

コンセントケーブルの長さ

電気ケトルを置く時に大切なのが、コンセントの長さですよね。

測ってみると、約140cm位でした。

バルミューダの電気ケトルの気になる所は?

ここからは、実際1年半使用して気になった点を書いていきたいと思います。

コンセントケーブルの色 

私は白の電気ケトルを買ったのですが、物は白なのに、ケーブルの色が黒なのが気になりました。 

多分汚れてもいいように、黒だと思うのですが個人的には白がよかったです。

蓋の裏が黄ばむ

なぜか私が使うバルミューダの電気ケトルですが、使用をしていく中で蓋の裏側が黄ばみました。洗っても落ちません涙

電気ケトルの溝が汚れる

これも白の電気ケトルを買ったので、しょうがないのですが、持ち手の溝にゴミが溜まるので、綿棒や爪楊枝で掃除をしなければいけません。

バルミューダ電気ケトルまとめ

気になる所を書きましたが、汚れ等が気になる方は、迷いなく黒のバルミューダ  電気ケトル をおすすめします!

2019年秋頃には、なんと新しいモデルの『chrome』の色が出ます。金属タイプで持ち手が黒なのでこちらも良いですね。

※バルミューダ公式HPより画像をお借りしております。

ただ私が、白物家電を買う時は汚れても

それが味になってより、大切にするだろうと思って購入しているので、買ってよかったです。

家族4人位だったら、1回でお湯を沸かしたい場合は、容量が多い方がいいかもしれません。

しかし、本当に素晴らしいプロダクトデザインなので2回に分けてお湯を沸かす手間をデザインが補ってくれると思っています。

家族ができても私は、バルミューダの電気ケトルを使うと思います!

せっかく毎日使う電気ケトルですから、お湯と共に、愛着も湧く物を選んでいきたいですよね。

ここまで読んで下さりありがとうございました!
他にも、こんなお気に入りのキッチン雑貨を紹介しています。
こちらもご覧いただけると嬉しいです♪

エピキュリアン(epicurean)のカッティングボード(まな板)を約6ヶ月使用の口コミレビュー!

京都 有次で包丁を研ぎに出しました!【値段と納期】

キッチンカテゴリの最新記事