京都観光にも使いやすいカフェ 一保堂茶舗 喫茶室 嘉木(カボク)

京都観光にも使いやすいカフェ 一保堂茶舗 喫茶室 嘉木(カボク)

一保堂茶舗の 喫茶室 嘉木(カボク) に行ってきましたー!!

●一保堂茶舗とは

一保堂茶舗の外観

日本茶専門店のお店です。
主に、京都産の茶葉を使用しています。
茶葉をブレンドして、味が変わらないようにブレンドしているとの事です。

お店は、3店舗あります。
京都本店・東京丸の内店・New York

喫茶室 嘉木(カボク)は、京都本店にありますよ。

●嘉木(カボク)ってなんだろう

喫茶室 嘉木(カボク)は「淹れるところからご自分で。」
をテーマに作られています。

一保堂の看板

ちなみに嘉木(カボク)ってなんだろうと思いまして、調べてみました。

意味は、美しい木という意味です。きれいな名前ですね。

●喫茶室 嘉木(カボク)のメニュー

カフェのメニュー表

※※セットを頼みたい方は、10時~13時までに来館してください!!

私は、15時位に来店したので、お茶とお菓子のセットができない時間でした(涙)

特選煎茶900円(税抜)は、お菓子付きでした。

外国の方がわかるように、メニュー表に、英語標記 がある所はとてもいい所だと思います。

お茶は、抹茶・玉露・煎茶 から選べます。

お菓子を頼む場合、生菓子か干菓子から選べるそうです。(←すみません。ここ情報曖昧です。)

●お茶を淹れてみた・実食

お茶を入れるセット

私は、特選煎茶を頼んでみました!

お盆に載っている、銀の缶の中に、約10g 大さじ2杯 が入っています。

サーモスのポットで器にお湯を入れます。

サーモスのポット

まずは2つ器があって、1つ目にお湯を入れます。
それから、もう1つの器に移し替えて、温度を80度位に冷ますそうです。

お湯だけ入れる

それから、急須に入れて40秒待ちます。

40秒
一保堂のマークが入った急須

40秒まった後に、1杯目が飲めます。

1杯目のお茶

飲んでみたら、変な雑味や苦みがなくて、甘かった!!
お茶って甘いんだなぁと実感しました。

煎茶のセット

1杯目までは、店員さんが丁寧に、お茶の入れ方をレクチャーしてくれます。

安心ですよね! せっかくのいい茶葉なので、美味しく飲みたいですもの。

基本3杯は飲めるとの事でした。
別に味は、最後の求めていない方は、それ以上飲めるとは思うのですが あくまで、美味しく飲める目安だと思います。

2杯目から飲む時は、苦み等が出てきたけど
私は、こちらの方が飲みなれているからか、お茶っ飲んでるって感じがしました 笑

1杯目は、お菓子とか食べずにそのまま飲んだ方がいいです。
2杯目から、苦みがでるからお菓子と合います。

キョウカドウ 『 松の雪 』

お菓子名に雪が使用されていまして、私が入る前に少し雪が降ったので 今にぴったりのお菓子だなと感じました。

●喫茶室 嘉木(カボク) の 店内雰囲気

店内

やはり、京都ならではの感じで忙しい感じでした。
15時に私が入店して、お店に入る前までに、少し待ちました。

お店に入る前に、リストがあるので、そこにお名前を書いて待ちましょう。
お店の方が案内してくれますよ♪

多分お昼ごろとかは、めちゃめちゃ、混むんだろうなぁと
行くのであれば、営業15:30か16:00以降がおすすめかもしれません。

ラストオーダーは、17:30です。

(現在かわっていたら、すみません。)

床の間もありました

●お茶後、一保堂茶舗にてお土産が購入できる

一保堂茶舗の中に、カフェがあるので、カフェ帰りにお茶が購入できますよ~。

カフェ横の一保堂の店内

色々見て、お土産に喜ばれるのではないのかなぁと思ったが、下記画像。

お土産におすすめのセット

私は、たぶん次回なにか、人にプレゼントする場合はティーパックタイプを買っていくと思う。

小分けがうれしいよね。マグカップとかでも飲めるので。。。。笑

●喫茶室 嘉木(カボク)は、誰と行くのにおすすめか

京都にあこがれを持っている方に、おすすめです。

例えば、関東の方とか、京都以外の地方の方、和に興味があるとか、お茶好きの方とかなど。
外国人の友人を連れていくのもGOODかも!

干支のイノシシ

逆に、観光客の方が多いので、ゆっくり話すのには使えないカフェかなぁと思いました。

あくまで、お茶を淹れる事をアトラクションとして考える、楽しめる方におすすめできるカフェでした。

友人に京都を紹介したいなどの、目的で使用するのにおすすめします!

お店にあったお花

一保堂茶舗 喫茶室 嘉木(カボク)
定休日:年末年始
営業時間:10:00~18:00(L.O.17:30)
カード利用:可(MASTER)
      電子マネー不可
駐車場:有

グルメカテゴリの最新記事